Rss

インターネットFAXはタブレットからも利用できる

オフィスや事業所などを開設するとき、FAXなどの通信設備を導入する必要がありますが、通常の電話に加え、FAX用の回線も必要となるため、一定のコストがかかってしまいます。また、用紙やインク、トナーといった消耗品にかかる費用も大きく、機器のメンテナンスなどにも多くのコストがかかることになります。
こうしたコスト削減に効果のあるものとして、インターネットFAXの導入が挙げられます。インターネットFAXは、インターネット回線を利用したFAXのサービスで、送信にも受信にも紙媒体を必要とせず、Eメールを使用して、パソコン上でFAXを利用することが可能です。そのため、PDFファイルや、ワード、エクセルといったドキュメントも扱うことができ、インターネットを使用できる環境であれば、オフィス以外の場所でも利用することが可能です。
また、スマートフォンやタブレット端末に対応したアプリを提供している会社もあり、外出先などで手軽にFAXの送受信を行うことができます。IT業界にいる人ならスマートフォンやタブレットを持っている人は大勢います。会社から支給される場合もあります。営業の社員が取引先から見積書をFAXで受け取る場合、返答のスピードが命です。外出先で素早くタブレットでFAXを送受信できれば、取引先から好評になることは間違いありません。そして契約できる確率も確実に向上します。このように営業の数字を改善したい企業はインターネットFAXを積極的に導入すべきです。インターネットFAXおすすめなのは低料金でスマホやタブレットに対応しているサービスです。必ず対応しているか事前にチェックしてください。
インターネットFAXを扱う会社は複数あり、それぞれ利用料金やサービスの内容に違いがあります。中には一定枚数分を基本使用料に含んだサービスもあるため、使用頻度によって使い分けることが可能となります。

Comments are closed.